第9回 『ダリアのブーケ』 東京都の結婚相談所

2019年05月12日




東京・溜池山王「ORIGAMI」にて。中嶋さんは総合商社のOLという経歴がうなずける美人だ。


大人の嬉しそうな顔を目の当たりにできる仕事


 東京メトロの溜池山王駅から直結している「ザ・キャピタルホテル東急」。和のテイストをふんだんに取り入れた、シンプルながらも風格のあるホテルだ。ラウンジで待ち合せたのは結婚相談所「ダリアのブーケ」を運営する中嶋えりこさん。若奥様!と呼びたくなるようなたおやかな美人である。この優雅なラウンジを会員との面談でよく使うらしい。

「今年1月に独立開業したばかりです。一人でやっているので融通が利くのがうちの強み、でしょうか。いろんなタイプの会員さんの希望にこちらが合わせることができます」

 総合商社でOLをしていたときに結婚し、その後の18年間は一人娘を育てながら専業主婦をしていた。娘が高校生になった頃に再び働きに出ることを考え、約1年間は中規模の結婚相談所に所属してカウンセラーをしていた。

「とてもやりがいのある仕事でした。会員さんと同じ方向を見て一緒に努力して、結婚が決まったときにはカウンセラーたちでセレモニーをして差し上げるのです。そのときの表情が照れながらもすごく嬉しそうで……」

 中嶋さんの指摘する「やりがい」は、多くの結婚相談所のスタッフが共感するものだろう。日常生活では大人が心の底から喜んでいる顔を見ることは稀だ。だからこそ、自分が応援して支えた人が幸せになり、その姿を目の当たりにすると激しく感動する。性格のいい人であれば、やりがいどころか「やみつき」になってしまうのだろう。

 業務内容自体は大いに気に入っていた。しかし、組織の一員として動くためにはシフトに入る必要がある。結婚相談所は土日が忙しい。土日に働くことは厭わないが、丸一日の出勤では夫と娘のいる家庭との両立が難しい。中嶋さんはやむなく退職を決めた。

 個人で独立開業をすれば、会員対応だけでなく自分の働き方にも融通を利かせることができる。他の予定が入っていなければ、いつどこで仕事をしてもよい。失敗も成功も自分次第だ。仕事とプライベートの境があまり必要ではない人にとっては心地良い働き方だと言える。フリーライターの筆者もそうだし、中嶋さんも同じタイプなのだろう。




「成婚の波」にのるために必要なこと


 「入会説明から最初のお見合いを組むまでの間に、会員さんの心のブロックをとってあげて、気持ちをうまくコントロールしてあげることが大事だと思っています。それがないと、せっかくお見合いのお申し込みをもらってもバサバサとお断りすることになり、(成婚の)波にのれなくなるからです」

 婚活アプリや街コンなどは広く普及している現在でも、結婚相談所に入会することには躊躇する人は少なくない。「得体が知れない」「何か高価なものを買わされるんじゃないか」と心配する人もいるだろう。そんな不安を抱えたままで仮に入会しても、安心して伸び伸びと活動することはできない。中嶋さんはまず、そこを丁寧な説明で払しょくしたうえで、納得して入会してくれた人と向き合うのだ。

「女性は自分で設定した条件に合わない男性は会わずに断ってしまいがちです。私は『ぜいたくを言っちゃダメ』などと否定的なアドバイスはしません。むしろ『生理的に無理ならば会わなくていいよ』とお伝えします。そして、『ところで絶対に無理な人はどんな人?』と質問するのです。例えば、太っている人はNGだったとします。ならばそういう人はお断りすることにして、『他には?』と聞く。たいていの方はそんなにたくさんのNGはありません。『だったら、(条件には完全に合わなくても)一度は会ってみましょう。それだけで結婚するわけじゃないんだから』と声をかけます」

 これが中嶋さんの言う「コントロール」なのだ。否定や押しつけではなく、果敢に前向きに婚活ができる心境を整える手助けをしてあげる――。明るく上品なオーラが漂う中嶋さんだからこその技なのだと思う。






取材時は2018年のクリスマス前。ホテルの入り口にはセンスのよいツリーが飾られていた。


男性がもう少しがんばれば婚活はもっとうまくいく


 取材時点では中嶋さんの会員は女性がほとんど。連盟(日本仲人協会)に加入しているのでお見合いを組むことは問題ないが、中嶋さんとしては男性の会員も増やしたい。

「女性はコミュニケーション慣れしていて身ぎれいにしているのに対して、男性はもったいない感じの方がとても多いからです。女性は婚活でも恋愛したいものだし、スマートな男性との出会いを望んでいます。男性にもう少しがんばってもらえればうまくいくはずのお見合いがたくさんあるのです。男性の会員さんが入ったら、洋服の買い物同行もしてあげたいし、お見合いのシミュレーションもしたいと思っています」

 女性会員からすでに強い支持を受けている中嶋さん。その経験を踏まえて男性会員のお世話をするようになれば「鬼に金棒」だと思う。(取材日:2018年12月17日)




●結婚相談所 『ダリアのブーケ』について 詳細情報、お問い合わせはこちらから