第9回 結婚相談所の初回の無料相談、カウンセリングでは、何をするの?

2019年08月04日


「結婚について、そろそろ真剣に考えてみようかな。でも、自分一人では上手く婚活を進められる自信がないし・・・。」そんな時は、結婚相談所のカウンセラー(仲人)が、あなたの頼もしい味方になってくれるかもしれません。そのカウンセラー(仲人)と最初に出会うきっかけになるのが、その結婚相談所への相談、もしくはカウンセリングの申し込みです。これは、無料で行っているところがほとんどです。


「でも、無料とはいえヘタに面談、カウンセリング申し込みをすると、高額な契約をさせられたりしないだろうか・・・。」結婚相談所へ尋ねる前には、こういった不安がつきものです。


ここでは、中小規模の「世話焼き仲人タイプの結婚相談所」を中心に、初回の相談、カウンセリングではおよそどんな内容の話をするのかについて、要点をしぼってお伝えしていきます。今後の婚活に、お役立てください。


結婚相談所の3つのタイプ 「仲人・結婚相談所型」「データマッチング型(結婚情報サービス)」「インターネット型」について






目次:




  1. 無料相談、カウンセリングの目的

  2. 婚活の現状、ニーズ、悩みに基づいてアドバイス

  3. 婚活市場、動向の話

  4. 結婚相談所のしくみ、サービス内容について説明

  5. まとめ




無料相談、カウンセリングの目的


 一般的には、無料相談、カウンセリングは、結婚相談所のオフィスや最寄り駅の近くのカフェなどで行われます。時間は、およそ1~2時間程度です。


先に触れたように、結婚相談所へ入会する前には不安がつきまといます。どんなサービスがあり、それぞれどのくらいの料金、費用がかかるのか、その効果と実績はどうかといったことを説明することで、入会前の不安を解消し、その壁をできるだけ取り除くために行われます。


また入会後に毎月、あるいは随時行われるカウンセリングを、入会前の段階で実際に体験してもらいます。それによって、その結婚相談所での婚活はどういう雰囲気で進んでいくのか、またアドバイザー(仲人)の価値を感じてもらったり、アドバイザーとの相性を確認してもらうための機会を与える意味もあります。






婚活の現状、ニーズ、悩みに基づいてアドバイス


 最初は堅苦しい話ではなく、婚活ははじめてなのか、あるいは今までどのくらい、どんな活動をしてきたのか、好みの異性はどんなタイプか、理想の結婚のイメージはどんなものか、などといった話から始まるのがふつうです。


カウンセリングだからといって、いきなり質問をたくさん浴びせられ、カルテを作成するといったことはないのがふつうです。多くの世話焼き仲人タイプの結婚相談所では、まずはじっくり相談者(婚活者)の現状や婚活の悩みなどの話に耳を傾け、必要であれば、適宜示唆やアドバイスを与える、といったスタイルで行われています。






婚活市場、動向の話


 そういった相談者の希望や条件を聞き取りながら、今の婚活市場や動向がどうなっているのかについて教えてもらえる場合も多くあります。


具体的には、お見合いは、どんな場所で行われ、どんな服装でのぞむのか、そして1時間程度でどんな内容のことを話せばよいのか、といった基本的なことです。


さらに、こういった人はお見合いではとても人気が高い、逆にこういう人はお見合いがなかなか組めない、最終的に成婚できるのはこういうタイプの人が多いといった傾向から、効率的に婚活を進める方法といった具体的に役立つ知識についてまでです。


もし日頃から婚活する中での疑問、悩みがあれば、この機会に尋ねてみるのもよいでしょう。あなたが婚活において当たり前だとおもっていることが、今の婚活市場では当たり前でないこともあります。その場合は、そういったズレを修正する良い機会になるかもしれません。






結婚相談所のしくみ、サービス内容について説明


 相談先の結婚相談所のサービス内容やしくみについて、話の中で当然説明があります。主に、以下のような点についてです。



  • 結婚相談所の概要、方針、しくみ、実績について

  • 毎月どのくらいの人数を紹介できそうか

  • 料金体系について

  • 入会の資格について


 相談者(婚活者)であるあなたは、上で挙げた点について説明をしっかり聞くようにします。どういう趣旨としくみで運営されているのか、それは自分自身の婚活に合っているのか、入会資格を満たしているか。結婚相談所では、入会時や月会費、成婚料などの費用が発生しますが、これらがどのタイミングで発生し、どの程度の料金なのか。これらについて、結婚相談所ごとに異なりますので、しっかり確かめておく必要があります。


逆に、結婚相談所側としては、その相談者(婚活者)を様々な観点から紹介するにふさわしい人かどうか見定めようとします。男性に対しては、定職についているかどうかといった点。男女ともに、年齢の条件を満たしているか、常識をわきまえた言動ができているかといった点です。


尚、結婚相談所によっては、会員データベースからいくつかプロフィールを選び、閲覧させてもらえるところもあります。それによって、入会後に実際どのようにしてお相手探しができるのかをイメージしやすくしています。






まとめ


 結婚相談所には、結婚への意識の非常に高い人達が会員として登録しています。そのような高い質の会員が集まる大きな理由の一つに、婚活アプリなどとは違い、高めの料金を支払って登録していることが挙げられます。そのためでしょうか、結婚相談所に無料相談やカウンセリングに訪れると、無理やり入会させられるのではないか、と心配する婚活者もいるようです。しかし、実際にはそのような強引な契約をさせる結婚相談所はほとんどないと言ってよく、心配する必要はありません。


結婚相談所側の視点で言えば、高めの料金、費用を設定しているからこそ、ボッタクリをするような強引な手法でなく、十分に検討してもらい、納得した上で決めてほしいと考えているのです。


ただし、比較的高めの料金で契約することには間違いありません。いったん契約をしてしまうと、8日間はクーリングオフも可能ですが期限や手続きの手間もかかります。また、絶対にボッタクリがないとも言い切れません。もし話を聞いた時点でまだ何か腑に落ちない点がある、情報の整理がつかない、決心ができないといった場合は、その場で無理に契約をする必要はありません。その場合は、持ち帰って検討するのが賢明です。そして、一つの結婚相談所だけではなく、その他にもいくつか無料相談やカウンセリングを受けてみます。そのように複数を比較検討をすることで、質の悪い結婚相談所を避けることができ、より自分にふさわしい結婚相談所を見つけられる可能性も高くなるでしょう。




こんかつ山 編集部