第10回 結婚相談所の無料相談、無料カウンセリングは怖くない。メリットを得る活用法

2019年08月22日


 多くの結婚相談所が、婚活者に対して無料での相談、無料カウンセリングをしてくれます。実は、とても親切に今の婚活での悩みを聞いてくれたり、アドバイスをくれたりするのですが、一方で、無料だから何か裏があるのだろうと心配する方もいると思います。ここでは、結婚相談所のそんな無料相談、無料カウンセリングでは実際にどんなことが行われるのか、またそのメリットなどについて、あなたが婚活で上手く活用できるようにお伝えしてきます。


※ここでは、結婚アドバイザー(仲人)が介在する「仲人世話焼きタイプ」の結婚相談所を想定してすすめていきます。


結婚相談所の3つのタイプ 「仲人・結婚相談所型」「データマッチング型(結婚情報サービス)」「インターネット型」について




目次:




  1. 結婚相談所の無料相談、無料カウンセリングは、どんな場所で何をするのか?

  2. 無料相談、無料カウンセリングを受けるべきタイミングは、いつなのか?

  3. 強引な勧誘で入会させられるのか?

  4. 無料相談、無料カウンセリングを受けるメリットは?

  5. その場での確認ポイント


    • 概要、成婚の実績

    • 入会の資格

    • 料金

    • サービス、サポート内容


  6. 自分に合った結婚相談所の選び方のコツ

  7. 複数の結婚相談所を比較検討する

  8. まとめ




結婚相談所の無料相談、無料カウンセリングは、どんな場所で何をするのか?


 一般的には、まず気になった結婚相談所へメール問い合わせをして、無料面談(無料カウンセリング)の予約申し込みをすることから始まります。その後、結婚相談所の事務所、店舗へ行きます。または、最寄り駅のカフェなどです。時間は、だいたい1時間から1時間30分程度です。


 この無料面談(無料カウンセリング)では、現状の婚活分析や今後の婚活、結婚へのアドバイスなどをしてもらえます。場合によっては、今抱えている婚活や結婚に対する悩みに、婚活アドバイザー(仲人)に相談にのってもらえることもあります。


 その他、その相談所がどんなシステムやサービスを行っているかについての疑問に答えてくれたり、それらの説明をしてくれます。






無料相談、無料カウンセリングを受けるべきタイミングは、いつなのか?


 それは、街コンや婚活パーティーなど、ゆるい婚活ではもはや限界だと感じ、あなた自身が真剣に結婚を意識したときでしょう。俗っぽく言えば、「このままでは、結婚、ヤバい・・・」と感じたときです。


あるいは、上記でリンクした結婚相談所の3つのタイプのうち、仲人型世話焼きタイプを除く2つのタイプのサービスで婚活をしても成果が乏しいと感じたときです。それら2つとは、すなわちデータマッチング(結婚情報サービス)タイプとインターネットタイプです。


 データマッチング(結婚情報サービス)タイプには、例えば楽天オーネット、ツヴァイ、ノッツェなどがあります。インターネットタイプには、エキサイト婚活、マッチドットコムなどがあり、最近はpairs、Omiai、with、ゼクシィ縁結びなどの婚活アプリがあります。詳しくは、以下のリンクを参照ください。


結婚相談所の3つのタイプについて知りたい方はコチラから




 それ以外では、どこか気にある結婚相談所がすでにある場合です。ただ、ウェブサイトでその結婚相談所のサービス内容などの情報を見ていても、まだ不明な点がある。あるいは、実際にどんな人が運営していて、どんな仲人(カウンセラー)が担当してくれるのか、気になる。そんなときは、相談やカウンセリングに行くべきタイミングです。同じように、いくつかの仲人世話焼き型結婚相談所で、どこにしようか迷っているときもそうです。比較検討するために、各結婚相談所に申込みをし、実際にそれぞれへ相談に行ってみます。






強引な勧誘で入会させられるのか?


 無料相談や無料カウンセリングへ行ったからといって、その場で無理に入会の契約をさせられることはまずありません。その点は、心配する必要はないでしょう。


ただ、利益至上主義で営業をしている結婚相談所がないとも言い切れません。また当然ながら結婚相談所は自社の良い点や強みについて強調をします。ときには営業トークと感じさせるような場面もあるでしょう。そういったときには、冷静さを保つ必要があります。


もし仮に以下のようなトークが過剰に繰り返される場合は、要注意です。その場で契約したいと思ったとしても、その場での契約はいったん見送るのが賢明です。



  • 非常にレアケースで奇跡的な成婚実績を強調しすぎる

  • その相談所の良い点ばかりを強調する

  • 過剰な褒めトーク、例:「あなたのような素敵な人が結婚できないなんてありえない」

  • 欲望の刺激、例:ハイステータスな男性の写真やモデルのような美女の写真ばかり見せられる

  • 脅し文句、例:「あなたは今すぐ結婚相談所で始めないと手遅れになる」「あなたは他の相談所に行っても結婚は難しい」

  • 早く契約させようとしすぎる


 もし万が一、その場で契約してしまった後に、「しまった、やはり契約を破棄したい」と思ったとしても安心です。8日間はクーリングオフができます。その方法等は、以下の「国民生活センター」のリンクを参照ください。


独立行政法人 国民生活センター






無料相談、無料カウンセリングを受けるメリットは?


 少し不安はあるけど思い切って結婚相談所で無料相談、無料カウンセリングを受けてみると、以下のようなメリットが得られます。



  • 真剣な結婚活動(婚活)や結婚相談所での活動がどういうものか具体的にわかる

  • その結婚相談所の特徴やしくみ、雰囲気などを知ることで、今後の自分の婚活が
    具体的にイメージできる

  • あなた自身の結婚観(結婚生活のイメージ、理想の相手、相手に求めるものなど)について知るきっかけになる

  • 婚活市場をあなたが実感できるきっかけになる

  • あなた自身が今後婚活をどのようにすすめていけばよいか、具体的なアドバイスがもらえる


 まだ婚活アプリや婚活パーティーしか経験していない場合、結婚相談所での活動、たとえばお見合いなどが実際にどんなものかイメージしにくいものです。そういったことが、具体的にわかるようになります。また、その結婚相談所のしくみや特徴もわかると同時に、担当の仲人(カウンセラー)もどんな人なのか雰囲気もわかります。もしあなたがその相談所に入会した場合に、実際にどのように担当者とタッグを組んで婚活をしていくのかについても、イメージすることができます。


 それから、相談とカウンセリングを受けることで、あなた自身の結婚観について意識することもひじょうに価値ある体験です。今までは、周りで自然に知り合った異性となんとなくぼんやりとした恋愛をしてきた、婚活アプリや婚活パーティーに参加して、ある程度出会いと別れの経験は積んだ。それなりに結婚は意識していたけど、どちらかと言うと、夢見るような淡い気分に浸っていた時間も多くはなかったでしょうか。振り返ってみると、あの時間はなんだったのだろう・・・いつも最後は望む結果に至らない、と。しかし、結婚相談所は、結婚という一大イベントを前にして、本当の自分自身と向き合う場でもあるのです。いわば結婚に向かっての真剣勝負。真剣勝負なら、相手のことをよく知らねばならいのと同時に、まず結婚に向かう自分のことがよくわかっている必要があります。どういう異性とどういう結婚をし、どういう生活をいっしょにしたいのか。つまり、自分自身の結婚観についてです。


 日常の自然な出会いや婚活アプリ、婚活パーティーである程度恋愛経験が積める方がいる一方で、いつも最初から異性と上手くいかないという方もいるでしょう。こういう方は、婚活市場を意識できていない可能性が高そうです。今の自分は、多くの異性がいる市場の中で、どのような人からどのくらい望まれているのか。そういった現実の市場の動きを知るきっかけになります。上手くいかないのは、この市場の動きが読めず、今の自分を求めていない異性に対して、自分の理想としてアプローチしているからかもしれません。つまり、双方のニーズがズレているのです。今の自分自身がどれくらい求められているかという現実を知ることは、とても怖いことかもしれません。しかし、結婚を真剣勝負のイベントとらえた場合、それでは勝負になりません。また、今の婚活で行き詰まっているのは、あくまで「今の自分自身」です。ならば、自分自身をより良い方向に修正していくことで、結婚市場の中で自分の望む結果に近づけることもできます。そのためには、婚活市場の中での「今の自分自身」を知ることもまたとても大切なことで、それがスタート地点になります。これについても、無料相談、無料カウンセリングによって、知っていくきっかけになるのです。ここについてきちんと教えることは、担当の仲人(カウンセラー)のたいへん重要な仕事のうちの一つです。


 こういったことを踏まえて、最後に今度どのように婚活を進めていけばよいのか、その人に合わせてアドバイスをしてくれることでしょう。自分自身のことを客観的に見てくれて、婚活市場の中でどこに気をつけながら婚活を進めていけばより良い結果が得られやすいのか。これについて知ることができるだけでも、とても大きな価値があります。なぜなら、婚活アプリや婚活パーティー、仲人(担当カウンセラー)のいない結婚情報提供サービスでは、これら自分についての客観的情報を知ることは難しいからです。






その場での確認ポイント


 さて、ここでは相談、カウンセリングを受けに行った結婚相談所について、どんな内容のサービスや料金体系なのかといったその場で確認すべき点についてポイントをお伝えします。



  • 概要、成婚の実績

  • 入会の資格

  • 料金

  • サービス、サポート内容


 その結婚相談所が、どういう考え方を基本にして運営しているのか、またもし無料相談、無料カウンセリングの担当者が創業者であれば、そのきっかけや思いについて聞いてみるのは、とてもよいことです。実績については数も大切ではありますが、多く成婚に至っているのは、どんな年齢層やどんな人たちなのかを尋ねてみると、その相談所の傾向がおよそわかるので参考になります。


 入会資格や会員の層についても聞いてみます。入会資格で、年齢の上限を決めているか決めていないか、男性でアルバイトや無職者も含まれているかなどによって、会員の質は変わってきます。また会員の年齢構成はどのようになっているかは、重要なポイントです。自分の年齢とあまりにもかけ離れている年齢の会員が多い場合は、お見合いの組み合わせが難しくなるからです。


 料金やサービス内容も、気になるところですね。料金については、その結婚相談所のウェブサイトを見て、予め気になっていた点があれば、質問をしてみましょう。ポイントになる点としては、以下があります。



  • 入会金などの初期費用

  • 月会費

  • 成婚料

  • その他


 「その他」ですが、これには様々あります。「お見合い料」として、お見合いごとに料金が発生する場合もあります。また、交際が決まった段階で、「交際継続料」を徴収される場合もあります。他には、結婚相談所経由でお見合い写真を撮影した場合の写真、撮影料金や休会のときに費用が発生する場合があります。


 サービスについては、およそ以下の点について確認をすると安心です。



  • 毎月どのくらいの人数と、どのような質のお相手を紹介してもらえそうか

  • 紹介方法はどのようなものか

  • お見合いから交際期間、成婚までの流れとルールは?

  • 成婚料はどの時点で発生するのか

  • 成婚までの相談などのフォローなどは、毎月なにをどの程度、どこまでしてもらえるのか


 どのようなお相手を紹介してもらえそうか、またそれは何人くらいなのか。また成婚までのプロセスでどのようなフォローをしてもらえるのか。こういったことは、結婚相談所での活動でもっとも中心となるものです。よく話を聞いて置きましょう。






自分に合った結婚相談所の選び方のコツ


 自分が結婚相談所に何を期待しているのを改めて確認しつつ、以下のような点に着目すると良いでしょう。



  • 結婚相談所の方針、方向性が合っているか

  • 価格、サービスが妥当だと感じるか

  • フォローは、自分の期待に沿っているか

  • 会員の数と質は十分だと感じるか

  • 担当する仲人(カウンセラー)の能力

  • 担当する仲人(カウンセラー)との相性


 結婚相談所がどのような方針で運営しているのかは、とても大切です。とにかく期限を切り、スピードをして結婚に向かわせてようとするのか、あるいは会員の意思を尊重しながら、できるだけ寄り添うおうとするのか。


 また、面談、カウンセリングをしてくれた仲人(カウンセラー)の話がわかりやすいかどうか、納得できたか、相性は良さそうかといった点も重要ポイントになります。わかりやすいか、納得できるかどうかは、そのカウンセラーのコミュニケーションなどの能力があるかどうかを示しています。そして、好感が持て、相性が良いと感じれば仲人(カウンセラー)のアドバイスも素直に受け入れることができます。結婚まで、ふつう半年あるいは一年かけ、じっくり活動を進めていくものです。結婚というゴールに向かって、この人となら二人三脚で歩んでいけそうかじっくり考えてみます。






複数の結婚相談所を比較検討する


 最初に無料相談、無料カウンセリングへ行った結婚相談所で、すぐに決めてしまうことがあります。もちろん、入会金など初期費用がそれほどかからず、入会へのハードルが低い場合にはこれでもよいでしょう。しかし、たいていは入会する際に入会金などの初期費用に少なくない料金が発生します。比較検討せず、いきなり最初に訪問した結婚相談所にすぐ入会した後、様々な婚活中の仲間たちとの交流、SNSやインターネットの婚活情報に触れることで、他にもっと自分にふさわしい、妥当な結婚相談所があることを知り、後で後悔をする・・・。こういう失敗のパターンに陥ることも、しばしばあります。そういう方は実はとても多いのですが、まだ結婚相談所を適切に選ぶ準備さえできていないことに、残念ながら気づいていません。けっして安くはない入会金を払った後に、合わずにすぐ辞めてしまうことも実際にはあります。こういった失敗パターンに陥った婚活者は、しばしばこう言います。「結婚相談所に入ったけど、ぜんぜんダメだった。」ダメの理由にはおそらく様々ありますが、大きな理由の一つに、そもそも自分に合わない結婚相談所や仲人(カウンセラー)を選んでいることに、その本人は気づいていないのです。


 では、基本的な選び方をお伝えします。まずすでにお伝えしたように、結婚相談所に対して自分は何を期待し、重視するのかを予めよく考えておきます。その上で、気になる結婚相談所で似たようなサービスを行っているところを二箇所、そしてそれらとはまったくタイプの違う結婚相談所を一箇所、あるいは二箇所ピックアップします。そうやって選んだ3~4箇所ほどを実際に訪問し、無料相談、無料カウンセリングを受けてみます。このように比較検討することで、「これこそ本当に自分自身に合った結婚相談所だ!」「この仲人(カウンセラー)さんなら、最後までついていける!」と思えるような出会いが期待できるのです。






まとめ


 結婚相談所の相談やカウンセリングが無料だからといって、いたずらに怖がる必要はありません。彼らは、結婚を真剣に考えていて婚活をしている方から、それなりの料金をいただくわけです。ですから丁寧に接してくれますし、何より自社のサービスや良さ、特徴を理解してもらおうと、真摯に対応してくれるはずです。そして、相談にきてくれた目の前の婚活者のために、何ができるだろうか、本当にお役に立てるだろうか、もし気に入ってもらえるのならばぜひお役に立ちたい、と考えています。もちろん結婚相談所の運営側は、営利活動をしているわけですが、お金のことだけを考えているわけではありません。むしろ、彼ら仲人(カウンセラー)と接すると、本当に縁結びが好きでこの仕事をしている人が多いことに気づかされます。安心して彼らに接してみてください。


そして、何より彼ら仲人(カウンセラー)との接触、問答を通して、今まで気づかなかった自分自身の発見に驚いてください。彼らは、仕事の経験を通して数多くの結婚に悩める男女を見てきています。彼らの客観的できびしい目に、あるいは人を見る優れた洞察力によって、まるで鏡に写ったもうひとりの自分自身が自然にあぶり出されるような体験は貴重です。


もし人生に行き詰まって悩みのどん底にいる時、あなたであれば、誰に相談したいとおもうでしょうか。それは、尊敬する会社の上司?かつての恩師?信頼できる友人?はたまたお寺の住職でしょうか?では結婚について本当に行き詰まって悩んでしまった時、あなたは誰に相談したいとおもうでしょうか?そんなあなたを親身になって助けてくれる人は、いったい誰でしょうか・・・?


無料相談、無料カウンセリングによって、結婚について親身に相談できる恩師のような、固い絆で結ばれた友のような仲人(カウンセラー)との出会いが、あなたに訪れることを願っています。




こんかつ山 編集部